2008年07月30日

映画「崖の上のポニョ」観賞_雨で中断_2008年07月30日00:23

先日のJリーグで雷鳴・豪雨で中断がありましたが他人事と思っていたら、
昨日通院途中にその状況に遭遇した「骨折日記」です。

さて、待合室にピカソの絵画が飾られていて感じの悪い、もとい、神奈川県
で有数の大病院に骨折初診以来の訪問です。過剰支払分の受取りや松葉杖の
返却等を済ませてきました。その後川崎駅まで戻ってきたところで、雷鳴が
とどろく。駅改札や列車が混雑し床も滑るので、ちょっと休憩…ラゾーナに。
というわけで映画鑑賞。ええ、雨をやり過ごすためですよ?もちろん。

「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」は午前しか上映せず観れなかったので、
「崖の上のポニョ」を観てきました。これは…いいな!

宮崎駿監督は、純真無垢な幼女と強い女性の描き方がうまいですね。
テーマは単純で分かりやすいけど、後半端折りすぎなのでちょっと
消化不良です。ま、説明されるとくどいんで良いのかもしれません。
幼女や強い女性の他に、海とか古代魚とか無線とか魔法とかが好きな
人は観ると良いでしょう。全て手書きと言われる絵にも味があります。
ただ、配色のせいか、一部描写の精緻さのせいか、お子様は10人に1人
くらいの確率で泣いてましたので、注意が必要です。

Amazon.co.jpで「崖の上のポニョ」を検索



その前の予告編に出ていた「スカイ・クロラ」は、歌声に惹かれたので
観たくなった。映画の内容は反対な気もしますが、楽しみです。

これらに「アキレスと亀」を加えた3映画がヴェネチア映画祭コンペに
出るらしい。


 「崖の上のポニョ」がヴェネチア映画祭コンペ作に選出!「スカイ・クロラ」「アキレスと亀」も!
 シネマトゥデイ 2008年7月29日付
 http://cinematoday.jp/page/N0014689
 ─────────────────────────
 8月27日から9月6日まで開かれる第65回ヴェネチア国際映画祭のコンペ部門に
 日本から、ジブリ作品の映画『崖の上のポニョ』、押井守監督の『スカイ・クロラ』、
 北野武監督『アキレスと亀』の3作品が選出された。
 『スカイ・クロラ』は8月2日、『崖の上のポニョ』は7月19日から公開中、
 『アキレスと亀』は9月20日より
 ─────────────────────────
 # 「アキレスと亀」に出演する徳永えりにスポットライトが当たりますように。


映画鑑賞後に雨がやんでいたので、ラッシュに巻き込まれないように帰宅。
夜は、五輪代表・アルゼンチン戦も雷雨で負けのまま打ち切りになったようで。
日本大丈夫か?(いろんな意味で


posted by ナッキー at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。