2008年12月05日

試写会「ワールド・オブ・ライズ」鑑賞

「どっちの嘘が、世界を救うのか」

★★★★★ 嘘は、目的達成の手段になるか?
2008/12/20から丸の内ピカデリー1などで公開予定です。

 ワールド・オブ・ライズ
 http://wwws.warnerbros.co.jp/bodyoflies/
 http://bodyoflies.warnerbros.com/


ストーリーは、日常に潜伏している中東のテロ組織を、虚実を交えて
CIAがあぶりだそうとする、というもの。

無人偵察機から盗聴技術までの大小のハイテク技術や、現地の部下や
エージェントまでを目や耳・手足として動かせるCIA。しかし、敵は
それを知ってか、ローテクな日常や地下へ潜伏していく。携帯電話も
e-mailも使わずに、人を介し情報伝達する彼らをどうあぶりだすか?
これを、アメリカの視点でテロ戦争を描いています。

前半は心理戦が中心で、後半は拷問があるなど肉弾戦となります。
テロ組織を拿捕したい目的は全員同じなのに、信条がそれぞれの立場
で異なることから手段がそれぞれ違うことが面白かったです。

嘘は、目的達成の手段になるか?確かに手段になるときもあるが、逆に
失敗する可能性が高いですね。そう感じさせるための映画かな。
特に、本土にいるCIAスタッフの打ち手がことごとく外しているのは、
この映画をテロ組織構成員が見ているからか?と思わせるほど。
どれだけの情報を与えれば、現地に居ない人間でも肌感覚がわかって
効果的な打ち手ができるのだろうか、と悩んでしまいました。これは、
何も映画だけでなく、日々の仕事で悩んでいることでもありますね。

なお、本土にいるCIAスタッフを扮するのはラッセル=クロウ。
現地に居る部下を扮するのはレオナルド=ディカプリオ。
そして、現地のエージェントを扮するのが、マーク=ストロング。
ラッセル=クロウとレオナルド=ディカプリオがメインで挙げられてます。
しかし、マーク=ストロングがストーリー上で有効打を放ったり、信条
を目を据えて答えたりと、存在感がありましたね。彼はもっと評価
されてよいでしょう。


Amazon.co.jpで「ワールド・オブ・ライズ」を検索

─────────────────────────
英題: BODY OF LIES
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
日本公開: 2008年12月20日
 (丸の内ピカデリー1 ほか)
上映時間: 2時間8分
配給: ワーナー=ブラザース映画
 カラー
─────────────────────────
スタッフ
監督=製作: リドリー=スコット
原作: デヴィッド=イグネイシャス
脚本: ウィリアム=モナハン
製作: ドナルド=デ=ライン
製作総指揮: マイケル=コスティガン / チャールズ=J=D=シュリッセル
撮影: アレクサンダー=ウィット
音楽: マルク=ストライテンフェルト
─────────────────────────
キャスト
レオナルド=ディカプリオ
ラッセル=クロウ
マーク=ストロング
ゴルシフテ=ファラハニ
オスカー=アイザック
サイモン=マクバーニー

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「ワールド・オブ・ライズ」を検索


posted by ナッキー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(13) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。
Excerpt: 記事投稿日時 2008年11月27日01:33 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。    レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリ..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2008-12-06 18:50

『ワールド・オブ・ライズ』 (Body of Lies)
Excerpt: イラクでの新しいテロ組織のリーダーをおびき出す作戦に失敗し、負傷したロジャー・フェリスは中東を駆け回るCIAの敏腕工作員。全ての活動は安全な電話回線を使用したCIAのベテラン局員エド・ホフマンの指示に..
Weblog: Mooovingな日々
Tracked: 2008-12-07 00:17

★「ワールド・オブ・ライズ」試写会♪
Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」を試写会で観ました。CIAのフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は巨大なテロ組織のトップにたどり着くために常に命がけで現場で戦っていた。。かぁ〜〜っこいいですぅ〜でも。。ほん..
Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・
Tracked: 2008-12-07 13:23

「ワールド・オブ・ライズ」ジャパンプレミア
Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」の試写会に行ってきました。当初は監督の舞台挨拶の予定があったらしいのですが、体調不良のため急遽来日をキャンセルとのこと。簡単なディカプリオのビデオメッセージのみで上映開始です..
Weblog: 今日という一日。
Tracked: 2008-12-07 20:44

ワールド・オブ・ライズ
Excerpt: 満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点) 監  督:リドリー・スコット キャスト:レオナルド・ディカプリオ       ラッセル・クロウ       マーク・ストロング  ..
Weblog: ★試写会中毒★
Tracked: 2008-12-08 01:44

ワールド・オブ・ライズ
Excerpt: Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイ..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2008-12-08 12:27

ワールド・オブ・ライズ
Excerpt: CIA本部のエリート局員ホフマンと、彼の部下で危険な現場に潜入する工作員フェリス。 彼らの目的は爆破テロのリーダー、アル・サリームを捕まえること。 ヨルダン情報局のハニに協力を仰いだフェリスだったが、..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2008-12-11 22:12

ワールド・オブ・ライズ/Body of Lies ネタばれあり
Excerpt: 今回は、レオナルド・ディカプリオ とラッセル・クロウ の演技派スターが、爆破テロリスト逮捕の為、「嘘」対「嘘」で頭脳戦を繰り広げる「Body of Lies ワールド・オブ・ライズ」 [parts..
Weblog: うだるありぞな
Tracked: 2008-12-14 12:39

ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies
Excerpt: 直前まで「K-20 怪人二十面相・伝 」と迷ったんだけど。 「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ 」の方が安全ということで。 ..
Weblog: いい加減社長の日記
Tracked: 2008-12-21 20:10

『ワールド・オブ・ライズ』を観たぞ〜!
Excerpt: 『ワールド・オブ・ライズ』を観ましたCIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマです>>『ワールド・オブ・ライズ』関連原題: BODYOFLI..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2008-12-23 21:41

「ワールド・オブ・ライズ」ディカプリオの渾身の演技も、伝える...
Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」★★★☆ レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演 リドリー・スコット 監督、アメリカ、128分 ー硬派な映画ながら見応えアリ  過剰な演技ほどは伝..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-01-03 20:22

ワールド・オブ・ライズ を観ました。
Excerpt: 第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2009-01-18 22:53

映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督
Excerpt: 国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグ..
Weblog: 英国日記
Tracked: 2009-10-13 22:53
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。