2008年12月15日

試写会「K-20 怪人二十面相・伝」鑑賞

「怪人二十面相は誰だ!?
 違う! オレは二十面相じゃない!」

★★★★★ このアクション、良いね!
2008/12/20から東宝系で公開予定です。

 「K-20 怪人二十面相・伝」
 http://www.k-20.jp/

ストーリーは、怪人二十面相に仕立て上げられたサーカス団のエース遠藤平吉
が明智小五郎とともに本物の怪人二十面相を追う、というもの。

原作は同時期発売の小説※ですが、その原作は江戸川乱歩の少年誌向け小説。
「違う! オレは二十面相じゃない!」と叫ぶ遠藤平吉が本物になっていく姿を
描く佐藤嗣麻子の監督・脚本が秀逸です。

また、何よりアクションが良い!
金城武扮する遠藤平吉がすばらしいアクションを演じています。それは、怪人
二十面相も修得したという身のこなし・変装術を自ら修めるところから、怪人
二十面相との決戦まで。アクションに時間をきちんと割いて、しかも退屈させず
に魅せてくれるところが、良いね。

残念なのは、日本が舞台にも関わらず、中国上海でのロケが色濃く出てること。
エキストラ含めて画面に映るものには、きちんとこだわって欲しいですね。
# ロケ地は「魍魎の匣」と同じでしょうか?

とはいえ、松たか子がギクシャクした演技を演じる姿や、ところどころでプッと
笑える小ネタも面白い。和やかに笑いが起こったり、迫真のアクションにつばを
飲み込む音をも聞こえるほど静寂になったり、いわゆる「お約束」があったりと、
明確にシーンが分けられたね。そして、最後は爽快に終わります。

年越しの前に爽快感を味わいたい方は是非どうぞ!


Amazon.co.jpで「K-20 怪人二十面相」を検索

─────────────────────────
製作年: 2008年
製作国: 日本
日本公開: 2009年12月20日
上映時間: 2時間17分
配給: 東宝
 カラー
─────────────────────────
スタッフ
監督・脚本: 佐藤嗣麻子
エグゼクティブプロデューサー: 阿部秀司 / 奥田誠治
原作: 北村想
脚本協力: 山崎貴
音楽: 佐藤直紀
─────────────────────────
キャスト
金城武
松たか子
仲村トオル
國村隼
高島礼子
本郷奏多
今井悠貴
益岡徹
鹿賀丈史

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「K-20 怪人二十面相」を検索


posted by ナッキー at 09:43| Comment(0) | TrackBack(3) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

K-20 怪人二十面相・伝 今年最後(予定)の映画がこれで良かったよ(^_^)v
Excerpt: 【47 -21-】  今日は波乗りは無しで、ずっと以前からの妻との約束の映画鑑賞{/m_0058/}です。 春頃から上映をずっと楽しみにしていた「K-20 怪人二十面相・伝」っすよ{/m_0248/}..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2008-12-23 23:47

【劇場映画】 K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 
Excerpt: ≪ストーリー≫ 1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じる日本で、世間を脅かしている強盗がいた。“怪人20面相”と呼ばれるその強盗は、富裕層だけをターゲット..
Weblog: ナマケモノの穴
Tracked: 2008-12-29 07:26

K-20 怪人二十面相伝(ワーナーマイカル鈴鹿ベルシティ)
Excerpt: 本当は今日、[感染列島]を見に行くつもりだったのですが……ついつい、イロモネアの特番に負けてしまいましたwwとはいうものの、自己紹介だけで放置するのも寂しいので、ちょいと時..
Weblog: 三重・鈴鹿のweb屋が綴る趣味ブログw
Tracked: 2009-01-17 23:25
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。