2008年12月27日

ラセターの世界観

監督・製作者の話です。
ジョン=ラセターが「世界で最も影響力がある50人」に選ばれてました。
 ニューズウィーク誌が選ぶ「影響力ある50人」、映画界からランクインしたのは?
 http://eiga.com/buzz/20081224/3
 eiga.com 2008年12月24日付
 ─────────────────────────
 米ニューズウィーク誌が 「世界で最も影響力がある50人」を発表
 今年「ウォーリー」と「ボルト」(09年夏公開予定)という2本の
 アニメ作品を世界的に成功させた、ピクサー・アニメーション&
 ディズニー・アニメーションのチーフクリエイティブオフィサーの
 “Mr.ピクサー”ジョン・ラセターが映画人では最上位の35位
 ─────────────────────────

ジョン=ラセターがいなければ、ピクサーもなければ「ウォーリー」は
おろか「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」などの一連の
CGアニメもなかったわけで。人間や愛を大事にする世界観が好きなんで
すよね。あ、世界観が気に入っていますが、それをきちんと表現できる
技術力も素晴らしい。

ただ、「レミーのおいしいレストラン」だけはさすがに観れなかった。
どうしてもねずみが手掛けた料理が衛生面上だめなんじゃないか、との
先入観が拭えませんでした。

なお、サンシャイン60展望台で「ウォーリーの世界展」が公開されてます。
空き缶で作られたかわいらしいウォーリーもいましたよ。
# 是非観たい映画です。そろそろ良い席取れるかな?

 ウォーリーの世界展 in サンシャイン60展望台
 サンシャインシティ 
 http://www.sunshinecity.co.jp/sunshine/event/e0296.html




記事の後半を見ると、スティーブ=ジョブズについても言及がありました。

 ─────────────────────────
 また、ピクサー・アニメーションの創設者で、ここ2年間でiPodと
 iPhoneを飛躍的に売り上げたアップル・コンピュータCEOの
 “Mr.アップル”スティーブ・ジョブズが34位
 ─────────────────────────

ちょうど書籍を読んだところでしたので。
コンピュータ事業部を手掛けるために買収したピクサーが今やアニメを
代表するとは、当時のジョブズは思いもよらなかったなどのエピソードが
あり、楽しく読ませてもらいました。

スティーブ・ジョブズ 人を動かす神ーなぜ、人は彼に心を奪われるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)スティーブ・ジョブズ 人を動かす神ーなぜ、人は彼に心を奪われるのか? (リュウ・ブックス アステ新書)
竹内一正

経済界 2008-12-09
売り上げランキング : 5091
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。