2009年01月07日

映画館とホームシアター

映画の話です。
今のところ、僕は試写会か映画館で映画を観てます。
 
 【ウェブだから書けた】芸能記者のホンネ(8)映画
 MSN産経ニュース 2008年12月31日付
 ─────────────────────────
 「真っ暗な閉ざされた空間に浮かび上がる大スクリーンに投影される
 迫力ある映像、体中に染み渡るような研ぎ澄まされた音響」が映画の
 醍醐味。映像というメディアの範疇にありながら、テレビ画面やネット
 のパソコン画面とは大きく違う映画の優位点がここに存在する。
 ─────────────────────────
 # 「ウェブだから書けた」って、理由がおかしい気もするが。


観る理由は、こちらに書かれている通りです。試写会は音響が残念
なところが多いですが。

テレビが家に無くディスプレイは携帯とパソコンのみだから、という
環境も影響しているかもしれませんが、大スクリーンで良い音響の中
2時間ほど楽しめるのはとても心地よいです。
もう、それだけに集中すれば良い!とのめりこめますし。

あ、ただ、事前に非常口は確認しますね。万一の場合洒落にならない
ので。

 ─────────────────────────
 今年も公開映画本数は洋・邦画合わせて計800本を超えている。
 そのうち映画担当記者として見た本数は320本。
 ─────────────────────────
 # ほぼ一日一本!? これは純粋にうらやましい…



そういえば、音元出版が出している「ホームシアターファイル」2月号
を手に入れました。この環境を実現できたら、僕も映画館や試写会で
なくホームシアターで観てしまうのでしょう、と思わせる充実ぶり。
Blu-rayはとんでもないですな。家に映画館を作れるとは。
# 浦沢直樹氏のインタビューも良かった。「映画と漫画はとても近い
# 文化だと思います。」に大変共感。その通り!




個人的には、勤務地から近いところにある料亭・旅館がホームシアター
も用意してくれれば、週末は料理込みで利用するでしょうね…
あ、温泉が付けば言うことなし。というわけで誰か作ってください!
コンセプト料代わりにフリーパスを発行してもらえると幸いです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。