2009年02月05日

試写会「少年メリケンサック」鑑賞

★★★☆☆ クドカンによる疾走感が良い
2008/2/14から全国東映系で公開予定です。

 「少年メリケンサック」
 http://www.meriken-movie.jp/

ストーリーは、メジャーレーベルのカンナは新人発掘できず
契約が切れようとしていたが、ある日ネットでイケメンパンク
の動画を見て「新人発掘!」と勇んで契約交渉に行くも、実は
動画は25年目の解散映像だった、というもの。

クドカンこと宮藤官九郎が脚本を手掛けていて、冒頭から勢い
良く映画が始まります。このクドカンの疾走感、良いですわ!
随所で小ネタをはさみ、笑いを取って、場面転換。これらは
同じく脚本の「舞妓Haaaan!!!」などでも味わえましたね。
ご都合主義と侮るなかれ、です。

ただ、この勢いを一段落させる中盤で中だるみするのは何とか
ならないものでしょうか。前半が良いだけに、もったいない。
ハイテンションのままなクドカンの脚本、一度観てみたいな。

また、カンナを演じるのは宮崎あおい。冒頭、新人発掘後すぐ
契約交渉の指示を受けて「今からですかぁ?」とダダをこねる
仕草や、ベッドの上で彼氏と戯れる姿にやられました。その他、
見事なコメディエンヌを演じてます。喜怒哀楽では、喜ぶ演技
が最も良かったですね。コロコロ変える髪型も良い。

彼女の脇をユースケ・サンタマリアや佐藤浩市・木村祐一らが
抑えていて、この点でも安心感のある映画でした。

Amazon.co.jpで「少年メリケンサック」を検索

─────────────────────────
製作年: 2008年
製作国: 日本
日本公開: 2009年2月14日
上映時間: 2時間5分
配給: 東映
 カラー
─────────────────────────
スタッフ
監督・脚本: 宮藤官九郎
プロデューサー: 岡田真 / 服部紹男
エグゼクティブプロデューサー: 黒澤満
アソシエートプロデューサー: 長坂まき子
撮影: 田中一成
美術: 小泉博康
編集: 掛須秀一
音楽: 向井秀徳
照明: 吉角荘介
録音: 林大輔
助監督: 高橋正弥
メインテーマ: 銀杏BOYZ
─────────────────────────
キャスト
宮崎あおい
佐藤浩市
木村祐一
田口トモロヲ
三宅弘城
ユースケ・サンタマリア
勝地涼
ピエール瀧
田辺誠一
哀川翔

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「少年メリケンサック」を検索
posted by ナッキー at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113713562

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。