2009年03月05日

DVD試写会「レッドクリフ Part I」鑑賞

★★★★★ 剣・槍・弓を駆使するアクションが見物
2009/3/11からBlu-ray・DVDが発売されます。

 「レッドクリフ Part I」
 http://redcliff.jp

   

ストーリーは、208年後漢の時代に傀儡政権をもつ曹操が
南部で勢力を保つ劉備・孫権を叩くべく進軍するも、軍師
の孔明・周瑜の進言により同盟を結んで赤壁に陣を構える、
というもの。

冒頭から歩兵・騎馬相まみえた剣・槍・弓を駆使するアク
ションが始まり、一気に三国志の世界にのめり込めます。
劉備軍、特に孔明の策士ぶりを中心に据えているからか、
アクションがますます引き立ちます。また、冒頭の趙雲、
後半の関羽・張飛は戦いの場で三者三様の見せ場があり、
多様さに驚かされましたね。個々の強さを分からしめる
シーンでした。

逆に、陣形などを俯瞰するシーンはCGっぽさが残っていて
残念でした。この印象、なくならないものでしょうか。

戦いの場の合間は、孔明が孫権を説得する、周瑜が劉備に
会う、合同軍が組織される、と流れます。孫権と劉備が、
対照的に描かれていて面白い。都会と田舎のような、外向
と内向のような。

ほか、わかりにくいシーンもありましたが、いっそPart U
への伏線と考えて気にしないことにしました。
緒戦で勝ったものの量で劣る合同軍を軍師がどう動かすか
楽しみです。

孔明・周瑜中心の映画で、孔明を金城武が好演しています。
直接アクションをしないものの良い存在感を出してますね。
良い役をもらいました。

Amazon.co.jpで「レッドクリフ」を検索

─────────────────────────
英題: RED CLIFF
製作年: 2008年
製作国: アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
日本公開: 2008年11月1日
(日劇1 ほか)
上映時間: 2時間25分
配給: 東宝東和 /エイベックス=エンタテインメント
カラー
─────────────────────────
スタッフ
監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン=ウー
製作: テレンス=チャン
音楽: 岩代太郎
脚本: カン=チャン / コー=ジェン / シン=ハーユ
美術・衣装デザイン: ティム=イップ
アクション監督: コリー=ユン
撮影: リュイ=ユエ / チャン=リー
主題歌: アラン
─────────────────────────
キャスト
トニー=レオン
金城武
リン=チーリン
チャン=チェン
ヴィッキー=チャオ
フー=ジュン
中村獅童
チャン=フォンイー

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「レッドクリフ」を検索


posted by ナッキー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。