2009年03月15日

試写会「レッドクリフ Part U」鑑賞

★★★☆☆ 孔明の策と小喬の決意を見るべし
2009/4/10からTOHOシネマズ六本木ヒルズなどで公開予定です。

 「レッドクリフ Part U 未来への最終決戦」
 http://redcliff.jp

ストーリーは、孔明・周瑜の進言により同盟を結んで赤壁に
陣を構えた連合軍5万が、軍師の策略も交えて曹操軍80万に
戦いを挑む、というもの。

序盤は戦力差を埋めるために軍師二人が策略を練ります。
軍法会議の進め方や尚香の行動に、パート1を観ていても
唐突な感じを受けますが、きっちり効果を上げます。
尚香の行動を少なめにして、策略によりきちんと注目する
と、その鮮やかさに惚れ惚れします。

さて尚香が任務を終えて戻った後、おもむろに服を脱ぎだす
シーンがありましてね。男どもがどぎまぎする演技が、戦い
ばかりの映画に笑いをもたらしました。脚本うまいなぁ。

そして、いざ赤壁の戦い。
曹操軍80万の兵の命があっという間になくなっていく様は
少々気味悪く感じたものの、孔明の策と小喬の決意が実を
結んだ結果として美しく描かれています。
戦は、今回は趙雲のみが大活躍といったところでしょうか。
張飛の肉体が躍動する戦を少し期待していたので残念。

孔明は軍師なので戦場に出ずに見せ場を作って終わり。
うーん、確かにそうなんだけど、クライマックスで居ない
と感情移入する先がなくて困りますね。

本作は、人物と場面が多いところで収まりきらず、どこで
盛り上がってよいか分からなかったです。この点でパート1
のほうが良いですね。完結編としては観ておきたいかな?

Amazon.co.jpで「レッドクリフ」を検索

─────────────────────────
製作年: 2009年
製作国: アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
日本公開: 2009年4月10日
配給: 東宝東和 /エイベックス=エンタテインメント
─────────────────────────
スタッフ
監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン=ウー
製作: テレンス=チャン
音楽: 岩代太郎
脚本: カン=チャン / コー=ジェン / シン=ハーユ
美術・衣装デザイン: ティム=イップ
アクション監督: コリー=ユン
撮影: リュイ=ユエ / チャン=リー
─────────────────────────
キャスト
トニー=レオン
金城武
リン=チーリン
チャン=チェン
ヴィッキー=チャオ
フー=ジュン
中村獅童
チャン=フォンイー

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「レッドクリフ」を検索
posted by ナッキー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。