2009年05月07日

試写会「バビロン A.D.」鑑賞

★★★☆☆ ジェロム=レ=バンナが熱い!
2009/5/9からお台場シネマメディアージュなどで公開予定です。

 「バビロン A.D.」
 http://www.Babylon-AD.jp/
 

ストーリーは、近未来の地球で傭兵トーロップが最後の仕事として引き受けたのは、
少女をモンゴルからアメリカまで連れていくことだった、というもの。
今夏に公開される「トランスポーター3 アンリミテッド」と同じく、運び屋です。

運ぶ途中のトラブル、引渡しの際の駆け引きで見られるアクションは銃撃中心です。
しかし、特に良かったのは、ヴィン=ディーゼルとジェロム=レ=バンナとの戦い。
盛り上がる観客と金網で囲まれたリングでの殴り合いは迫力がありましたね!
ストーリー上、まったく必要ないかもしれませんが、アクション映画には必須。

近未来のわりにベタな銃撃戦が多かったり、運び屋に頼まなくても大丈夫そうだったりと
残念なところも見られましたが、最後まで一気に駆け抜ける爽快感があります。

タイトルに「バビロン」や「A.D.」とあるとおり、聖書やキリスト教に絡んだ内容も
ありました。これを踏まえないと、最後のシーンがよく分かりませんので、念のため。

Amazon.co.jpで「バビロン A.D.」を検索

─────────────────────────
英題: BABYLON A.D.
製作年: 2008年
製作国: アメリカ/フランス
日本公開: 2009年5月9日
上映時間: 1時間30分
配給: 20世紀フォックス映画
 カラー/ドルビーSR=SRD/DTS
─────────────────────────
スタッフ
監督・脚本: マチュー=カソヴィッツ
原作: モーリス=G=ダンテック
脚本: エリック=ベナール
撮影: ティエリー=アルボガスト
音楽: アトリ=オーヴァーソン
プロダクションデザイナー: ソーニャ=クラウス / ポール=クロス
編集: ベンジャミン=ウェイル
─────────────────────────
キャスト
ヴィン=ディーゼル
ミシェル=ヨー
メラニー=ティエリー
ジェラール=ドパルデュー
シャーロット=ランプリング
マーク=ストロング
ランベール=ウィルソン
ジェロム=レ=バンナ

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「バビロン A.D.」を検索
posted by ナッキー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118761611

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。