2009年07月27日

試写会「未来の食卓」鑑賞

★★★☆☆ 「オーガニックとは?」「自然のまま!」
2009/8/8からシネスイッチ銀座などで公開予定です。

 「未来の食卓」
 http://www.uplink.co.jp/shokutaku/

「オーガニックとは?」「自然のまま!」
これほど意識しないといけないほど、自然のままの食事は難しいのか。
 
2006年に学校給食を全てオーガニックにした南フランスのバルジャック村の
経緯やユネスコ会議の進行を丁寧に撮ったドキュメンタリーです。

自然のままの食事が、これほど難しいとは。そう思わせる映画です。
見所は多いが、特に印象的だったのはこちら。
・桃園等で散布した農薬が霧状に舞い、背後の風景が見えない
・農民が自ら、自分たちが食べる分を農薬漬けにせず個別に作ると言ってしまう
・自分たちで栽培したイチゴを食べて「おいしい」と笑う
・とはいえ、フライドポテトも好きな子どももいる

ただ、全編通じて「オーガニックは良いこと、まず始めてみよう」との機運が
強い。このため、生活習慣病との因果関係や、オーガニック農法が「業」として
成立するのか、等で疑問が残った。危機感を煽る分には良いのかもしれないが。
なお、後者は、食糧の生産・消費の偏在を除けば、全世界的には全てオーガニック
にしても供給できるらしいので、是非推進してもらいたい。

Amazon.co.jpで「未来の食卓」を検索

─────────────────────────
英題: NOS ENFANTS NOUS ACCUSERONT
製作年: 2008年
製作国: フランス
日本公開: 2009年8月8日
上映時間: 1時間52分
配給: アップリンク
 カラー/ドルビー
─────────────────────────
スタッフ
監督・プロデューサー: ジャン=ポール=ジョー
プロデューサー: ベアトリス=カムラ=ジョー
音楽: ガブリエル=ヤレド
─────────────────────────
キャスト
エドゥアール・ショーレ
ペリコ・ルガッス

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「未来の食卓」を検索
posted by ナッキー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。