2009年09月02日

『狼と香辛料』を読む

読書関連の話です。
ふとしたキッカケに紹介された『狼と香辛料』を読みました。
 
ライトノベルでしょうに、等との先入観もどこへやら。
細部の作りこみがしっかりしたストーリーな上、
小悪魔的な魅力(いや、神がかった魅力か)のホロに、
時間を忘れて読みふけりました。

狼と香辛料 (電撃文庫)狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料〈2〉 (電撃文庫) 狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫) 狼と香辛料〈4〉 (電撃文庫) 狼と香辛料〈5〉 (電撃文庫) 狼と香辛料〈6〉 (電撃文庫)

by G-Tools



また、Amazon.co.jpで「狼と香辛料」を検索すると、DVDやらDSやらフィギュアやらと
出るわ出るわ…遅まきながら、読書の秋ですし、追いかけてみましょうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。