2007年04月25日

蒼井優の儚さ_2007年04月25日20:45

蒼井優の細さは儚さと言ったほうが良いでしょう。

「蟲師」では和服で着水する(風呂に浸かる)場面があり、
この人は自力で上がれるのかと勝手に心配してました。
そのくらい線が細い。

演技や振舞いは非常に繊細で儚いようで、
それが姿かたちに現れているんですかねぇ。

俄かファンとしては、今後出演が減るという反動がないか
心配です。儚く消えてしまっては困ります。


 蒼井優に激ヤセ疑惑!? 売れっ子女優に心配の声
 シネマトゥデイ 2007年4月25日付
 http://cinematoday.jp/page/N0010445
 ─────────────────────────
 「第20回DVDでーた大賞 授賞式」
 「ベスト・タレント賞」を受賞した蒼井優
 昨年から今年にかけて12本もの映像作品に出演する
 売れっ子ぶりで、その活躍が評価されての受賞となった。
 だが、注目を集めたのは華々しい活躍ではなく、その細さ。
 首から顔にかけて以前よりどことなくほっそりしたように見えた。
 ─────────────────────────


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。