2008年01月14日

ジョニー・デップさびしく受賞_2008年01月14日18:11

ゴールデングローブ賞は、ストによりさびしい受賞風景となりました。

ジョニー・デップが主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞したので
スタンディングオベーションの中を颯爽と歩く姿が見れずに残念。

主演女優賞のミュージカルは知らないな〜覚えておきましょう。
ドラマ部門はいろいろ分かれたので、まぁ気にしないでおこう。

アニメ映画をレミーにあげてはダメだろう。食品衛生上問題がある点に
先に目が行ってしまう。レストランに訴えられたら勝てないんじゃないか?

などと、いつも気にしない賞レースを話題にするのは、単に風邪のため
だらだらウェブを見てるから。



 ドラマ映画部門作品賞に「つぐない」=脚本家ストで授賞式なし−米Gグローブ賞
 時事通信社 2008年1月14日付
 ─────────────────────────
 ミュージカル・コメディー映画部門作品賞は、無実の罪を着せられた男の
 報復劇「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(ティム・バートン
 監督)で、主演したジョニー・デップは、同部門主演男優賞に。
 華やかな授賞式は中止され、各賞は記者会見で発表された。
 ─────────────────────────


 第65回ゴールデングローブ賞発表、ドラマ映画部門作品賞は『つぐない』
 AFPBB 2008年1月14日付
 http://www.afpbb.com/article/entertainment/news-entertainment/2336053/2520920
 ─────────────────────────
 ■作品賞(ドラマ部門)
 『つぐない(Atonement)』
 ■主演女優賞(ドラマ部門)
 ジュリー・クリスティ(Julie Christie)―『Away From Her』
 ■主演男優賞(ドラマ部門)
 ダニエル・デイ・ルイス(Daniel Day-Lewis)―『There Will Be Blood』
 ■作品賞(ミュージカル・コメディ部門)
 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street)』
 ■主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)
 マリオン・コティヤール(Marion Cotillard)―『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜(La Vie En Rose)』
 ■主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
 ジョニー・デップ(Johnny Depp)―『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
 ■アニメ映画賞
 『レミーのおいしいレストラン(Ratatouille)』
 ─────────────────────────




posted by ナッキー at 18:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞:見聞きしたこと・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。