2008年02月04日

映画「銀色のシーズン」観賞_2008年2月4日 06:00

昨日、雪が降る中「銀色のシーズン」を観賞してきました。
いやー、雪山に行く前に観てよかった!行きたくなりましたよ。

ストーリーは、寂れたスキー場で「雪山の何でも屋」をする雪猿三人が大暴れ。
彼らに手を焼く温泉宿の従業員たちは、町おこしに掲げた「氷の教会での結婚式」
に熱心に取り組みます。その結婚式を挙げに東京から来た花嫁はスキーの初心者
で、偶然出会った雪猿の一人にコーチを依頼する、というもの。

多すぎて(最後まで見ても)よく分からない伏線が多いので、花嫁七海とコーチ銀の
やりとりを中心に見たほうがよいでしょう。話が進むと明らかになりますが、銀も七海
も過去に傷があり新たに前に進めない面を持っています。しかし、その初心者の七海
が最終的にボーゲンでスロープを降りられるようになった際に一言「下ばかり向いて
ちゃだめですね」。この言葉の後、一気にクライマックスに向かいます。

この二人、主演同士だけど、片や結婚式を控えた花嫁とあって、ラブストーリーに
なりそうでならないもどかしさ(面白さ?)も楽しめます。

また、温泉宿の従業員はどなたも個性的なのですが、結局はサトエリのジャージ
姿と、サトエリの乱闘時の強さにすべてが霞んでしまいました。
雪猿の一人祐治は玉山鉄二が演じていて一押しだったのでもう少し活躍してもらい
たかった。最後のシーンもKYっぷりが目立つ演技にされてるし。次に期待。


さてさて田中麗奈。花嫁七海を演じています。
新品のスキー板を担いで駅を降りるところから始まります。あぁ眉そろえてるなぁ、
とちょっとがっかり。スキーを終えて温泉でくつろぐシーンもあるのですが、むしろ
それより風呂上がりの上気した濡れ髪の浴衣姿にグッときます。湯冷めする勢い
で長時間映してほしかったのですが…このシーンはエンディングでも出でくるので
終わっても席を立ってはいけません。DVDになればメイキングで見れるかなぁ。
あと、笑いの神はいつも通り憑いていて、フェンスに突っ込むところから、練習中に
不自然に転ぶところや、銀がキスをせまるところまで、いつでも笑いが起こります。
あ、銀がキスをせまるところは、銀の仕草で笑いが起きてるのかも。

Amazon.co.jpで「銀色のシーズン」を検索

─────────────────────────
製作年: 2007年
製作国: 日本
日本公開: 2008年1月12日
上映時間: 1時間48分
配給: 東宝
 カラー
─────────────────────────
スタッフ
監督: 羽住英一郎
製作: 亀山千広 / 阿部秀司
脚本: 坂東賢治
─────────────────────────
キャスト
瑛太
田中麗奈
玉山鉄二
青木崇高
佐藤江梨子
杉本哲太
國村隼

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「銀色のシーズン」を検索


posted by ナッキー at 07:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『銀色のシーズン』'08・日
Excerpt: あらすじモーグルの町、桃山町には、ゲレンデの厄介者と呼ばれる3人組がいた。リーダー格の銀を中心に、ゲレンデの客を相手にぼったくり商売をしたり、当たり屋をしたりとやりたい放題。ある日、町の名物、雪の教会..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-01-12 21:46
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。