2008年02月20日

試写会「ガチ☆ボーイ」観賞_2008年02月20日00:00

先日試写会でガチンコの学生プロレスを堪能してきました。
ネタばれはありません。たぶん(ぉい


以下、「ガチ☆ボーイ」の感想です。大学生が学園祭のノリで笑えるところと、
眠るとその日にあったことを忘れてしまう障害という笑えないところがミックス
された映画でした。3月1日より東宝系で公開されます。


ストーリーは、事故で頭を打ったときに脳に障害をかかえた主人公・五十嵐は
眠るとその日にあったことを忘れてしまう。しかし、学生プロレスと出会い、頭で
覚えていなくても体が覚えていることに生きがいを感じていくもの。


笑えないところはむしろ泣かせるところで、脳障害が他メンバーの一部に発覚
する場面や何度も告白してしまうところ、最後の試合等で大粒の涙が頬を伝う。
五十嵐の一生懸命な姿に観ている側もついつい手に力が入るね。

これと笑えるところが交互に流れるのですが、どうも中だるみ感がありました。
気のせいかな?

その笑えるところは、まぁ、そこそこ笑えます。キャプテンのレッドタイフーンが
マジメなシーンでも笑いを取りに行くところが一番面白かった。あと、玉子王子の
言葉(言動ではなく)は楽しかったね。


以下余談。
敵対するシーラカンズの一人を演じたハヤトは撮影協力した「みちのくプロレス」
の現役プロレスラーらしいです。えっと、彼も、ガチンコで撮影したのでしょうか…
さすがにそれはないかな?

サエコ扮するマネージャーは、頭の弱そうなマネージャー居そうだね〜という感じ。
彼女で良いのかダルビッシュ。



 出演者が語る、話題の映画「ガチ☆ボーイ」のみどころとは
 RBB TODAY 2008年2月18日
 http://www.rbbtoday.com/news/20080218/48770.html
 http://dogatch.jp/woman/interview/043_00.html
 ─────────────────────────
 テレビ情報総合ポータルサイト「DOGATCH(ドガッチ)」では、間もなく
 公開される映画「ガチ☆ボーイ」に出演している向井理のインタビュー
 動画を配信中。
 ─────────────────────────
 # 弱冠27歳の小泉徳宏監督ですかそうですか。才能ってすばらしい。

Amazon.co.jpで「ガチ☆ボーイ」を検索

─────────────────────────
製作年: 2007年
製作国: 日本
日本公開: 2008年3月1日
上映時間: 2時間0分
配給: 東宝
 カラー
─────────────────────────
スタッフ
監督: 小泉徳宏
原作: 蓬莱竜太
脚本: 西田征史
撮影: 葛西誉仁
音楽: 佐藤直紀
─────────────────────────
キャスト
佐藤隆太
サエコ
仲里依紗
宮川大輔
泉谷しげる

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「ガチ☆ボーイ」を検索


posted by ナッキー at 00:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ガチ☆ボーイ
Excerpt: 「ガチ☆ボーイ」の試写会に行って来ました。 これは素晴しい〜Y(≧σ≦)Y!!感動しました!! 後半は、涙、涙、我慢出来ませんでしたぁw( ̄O ̄)w プロレスの映画だと思って敬遠していたら損し..
Weblog: アートの片隅で
Tracked: 2008-02-29 19:25
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。