2008年04月11日

徳永えりの次回作は「アキレスと亀」

徳永えりの次回作は北野武監督の「アキレスと亀」のようですね。
端役のようですが、ひょっとしたら海外進出も?なんて期待も込めて
秋まで待ちましょう。


 北野監督、最新作は芸術残酷物語!自身投影3部作の完結編
 サンスポ 2008年4月10日付
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200804/gt2008041001.html
 ─────────────────────────
 北野武監督(61)の新作「アキレスと亀」(今秋公開)
 売れなくても夢を追い続ける画家の半生を描く人間ドラマ。
 主演のビートたけし(監督の俳優名)演じる画家・真知寿(まちす)と、
 樋口可南子(49)扮する妻・幸子の物語。2人の青年期役は柳ユーレイ
 改め柳憂怜(45)と麻生久美子(29)。
 ─────────────────────────
 # しかも、麻生久美子も共演ですか!


 北野武監督が「当たる映画」と豪語!
 新作映画『アキレスと亀』は現在絶好調撮影中!
 シネマトゥディ 2008年4月11日付
 http://cinematoday.jp/page/N0013471
 ─────────────────────────
 北野監督は「前回、前々回と無茶な作品をやってプロデューサーに
 怒られたので、今回は当たる映画をまじめにやってます。」
 中尾彬や大杉漣、大森南朋など豪華キャストの起用も決定している。
 ─────────────────────────
 # そうそうたる共演陣。いい経験になりそうですね。


 北野監督 次作は「画家の悲劇の一生」
 スポニチ 2008年4月10日付
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/04/10/04.html
 ─────────────────────────
 画家の中年期をたけしが演じ、監督自らが描いた約70点の絵画が登場。
 麻生久美子(29)、樋口可南子(49)、徳永えり(19)らが
 北野組初参加となる。
 ─────────────────────────
 # 今後も出演作品を増やしてもらいたいです。


posted by ナッキー at 23:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞:見聞きしたこと・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。