2008年04月22日

山形新酒_2008年04月22日23:23

今日は山形県新酒歓評会に行ってきました。


 山形県新酒歓評会
 http://www.yamagata-sake.or.jp/cgi-bin/view/event_info/event.cgi


正直、亀の井酒造の「くどき上手」しか知らずにいました。
今回初めて高木酒造「十四代」を飲みまして、とても女性に
勧めやすい、喉越しまろやかな酒と分かって良かったわ。

あと、山形県のお酒では、参考出品していた「誉の山形」が
甘口で良かったね。甘口なら中沖酒造店「一献醸心」も良い。

あ、最初に呑んだのは新潟・原酒造「越の誉」でした。
すみません(つд`) 利き酒の余りで置いてあったので…

発泡酒も試したけど、発砲を意図的に入れていてきつい。
一の倉の「すず音」がいかにうまくできてるか知れたね。

甘口好きの僕が美味しく感じたのは福井・三宅右衛門酒造
「早瀬浦」。龍力並みにバナナ香があり甘ったるい。
東京・小澤酒造「澤之井」も甘さ控えめで良かった。
そうそう、会場は新酒だけを集めていたので全体的に
とんがっていたね。甘口がなかなか無くて困った(^^ゞ

といいつつ一年古酒を置いていた石川・鶴野酒造店「谷泉」
はまろやかでした。純米無濾過生原酒もいただきましたが
しっかりした大吟醸だけあって古酒がおいしかったです。


posted by ナッキー at 23:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記:きょうのできごと、温泉の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。