2008年04月25日

試写会「砂時計」観賞_2008年04月25日08:00

「ずっと、一緒にいたかった」

恋愛話の裏に重いテーマが潜んでいます。
4/26からTOHOシネマズほかで公開予定です。

 砂時計
 http://www.sunadokei-movie.jp/

 舞台挨拶情報
 http://www.tohotheater.jp/newstopics/event/index.html#suna
 ─────────────────────────
 劇場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
 日時 4月26日(土) 10:10〜の上映回(上映終了後)
 ゲスト 松下奈緒、夏帆、井坂俊哉、池松壮亮、佐藤信介監督
 ※ゲストは予定です
 ─────────────────────────



ストーリーは、島根の農村に引っ越してきた中学生・杏は、母親が
人生に疲れて自殺してしまい孤独になるが、近所に住む大悟に
「ずっと一緒におっちゃる」と力強く宣言されて初恋を実らせるも、
その思いに疲れて別れたことを後悔している、というもの。

出会った幼馴染3人との初恋について、出会いから結婚までの道のり
を丁寧に描いた作品でしたね。特に、中学生から高校生にかけて、
笑ったり泣いたりするところが、本人たちも楽しそうに演じていて
良かったです。

杏も母親も思いつめて…というところがありましたが、その苦悩や
後悔にもっと共感できるような流れだとさらによかった。悩んでる、
でも母親は居ない、彼氏にも相談できない、どうしよう、とネガティブ
ループをもう少し。タイトルの「砂時計」のように、過去はいつか未来
になる(ひっくり返せばまた新たに時を刻む)というメッセージは分かり
やすいだけに、残念でした。

出演した夏帆は、「うた魂♪」でも拝見しました。喜怒哀楽の「喜」
「楽」の演技がとても良いですね。相変わらず「哀」の部分がサッパリ
しすぎてましたが、ひょっとしたら、現代っ子はそういうもんだという
ステレオタイプに填められて演技しているのかも。うーん。
また、成長した杏を演じた松下奈緒もきれいですね。こんなOLさん
が職場に居たら勇んで仕事に励むことでしょう(笑

映画に登場する世界最大の砂時計も実物を見たいな〜


Amazon.co.jpで「砂時計」を検索

─────────────────────────
製作年: 2008年
製作国: 日本
日本公開: 2008年4月26日
配給: 東宝
 カラー/ステレオ
─────────────────────────
スタッフ
監督・脚本: 佐藤信介
エグゼクティブプロデューサー: 濱名一哉
原作: 芦原妃名子
音楽: 上田禎
製作: 加藤嘉一 / 亀井修
プロデューサー: 久保田修 / 武田吉孝
エグゼクティブプロデューサー: 濱名一哉
撮影監督: 河津太郎
音楽: 上田禎
─────────────────────────
キャスト
松下奈緒
夏帆
井坂俊哉
池松壮亮
戸田菜穂
伴杏里
風間トオル
藤村志保

─────────────────────────

Amazon.co.jpで「砂時計」を検索


posted by ナッキー at 08:00| Comment(0) | TrackBack(4) | 映評:映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【映画】砂時計
Excerpt: ■動機 夏帆in島根再び&いきものがかりの主題歌に ■感想 思っていたのと全然ちがったが ■満足度 ★★★★★★☆ すきかも ■あらすじ 両親の離婚で東京から母の実家がある島根県に移..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2008-04-27 13:09

砂時計
Excerpt: ★★★☆  少女マンガ、TVドラマを経て映画化となった作品だけに、原作やTVを観た人にとってはもの足りないかもしれない。しかし原作もTVも知らない存在としては、映画という制約のある中では、よく頑張った..
Weblog: ケントのたそがれ劇場
Tracked: 2008-12-21 15:29

砂時計 杏 結婚
Excerpt: 試写会「砂時計」観賞編集する 2008年04月25日08:00 出会った幼馴染3人との初恋について、出会いから結婚までの道のり を丁寧に描いた作品でしたね。特に、中学生から高校生にかけて、 笑ったり..
Weblog: 砂時計
Tracked: 2009-04-04 09:03

(映画)砂時計
Excerpt: 伴杏里が、出演していますね。そう「{ULTRASEVEN X」でエス役だった伴杏里ですよ。懐かしい気がします。
Weblog: ゼロから
Tracked: 2009-12-25 23:14
日記はここまで。ログは右から、映画ブログはこちらからどうぞ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。